FC2ブログ

南アフリカ観光 ロビン島 行き方 ユネスコの世界文化遺産

ケープタウンの観光スポットとなっているロビン島

期間限定の売りつくしセール!人気ツアーが超お得でねらい目!


この旅行で一番胸を打たれたスポットでした。

この島はアパルトヘイトによって、黒人が迫害されていた時に、政治犯たちが収容されていた刑務所がある所です。

有名なのがネルソン・マンデラ氏。

教科書でちょっと習ったから、名前ぐらいは聞いたことあったし、すごい人っていうことも知ってたけど、
こんな大変な時代を生き抜いて、新しい時代を切り開いた偉大な人物ということを改めて学びました。

今の時代の普通が「普通」じゃなかった時代。
この当たり前みたいにある普通が、すごいことだということを考えさせられました。
一度、行かれることをお勧めします。

おすすめ理由
1. 当時収容されてた人に、刑務所内を案内してもらいます。
 本当にいた人だからこその、話を生で聞ける。
 そろそろ、お年もめされてきているので、そんな経験ができるのもそんな長くないかと思います。
 実体験した人が元気なうちに行ったほうがいいと思います。

2.歴史を振り返られる
 実際の場所を見ることによって色々考えさせられます。

3.黒人の人の偉大さを感じられる
 なぜ、みんな明るいのか。

下記に、アクセス方法案内します。

1. チケット事前予約(ネットにて)
下記のURLから事前予約をします。
 基本、2日前ぐらいには売り切れてることが多いので、早めに日程決めたほうがいいと思います。

 https://webtickets.co.za/events/tourism/robben-island-museum-tour/76219
 
 チケットには、ウォーターフロントから島までの往復の船代と、ガイド料、島内のバスツアー代が含まれてます。

料金:550ZAR
所要時間:約3時間ー3時間半


2.当日、ウォーターフロントから船に乗車。

乗船待ち。。。にある壁。

s_20190510_084330.jpg

列、並ぶ。
s_20190510_084431.jpg

3.船でそのままロビン島まで連れて行ってくれます。

港到着風景。
s_20190510_094553.jpg

4.ついたら、たくさんのバスが待機しているので、空いてるバスに乗車していく。
 乗車したバスの乗客が、ツアーグループとなり、収容所を一緒にガイドさんと回ります。

s_20190510_095055.jpg

5.収容所内のツアーが終わったら、止まってるバスに乗って島内のツアー。
 あとは、ツアーに従って、帰りの船まで。

 帰りのフェリーも特に決まってないので、お土産とか見た後に、乗れる船に乗ったら大丈夫です。


ツアーの内容、詳細は別で記載します!










この投稿をInstagramで見る

アマルフィのお土産さん。 色鮮やかで全部欲しくなる。 アマルフィについてのブログもアップしました。 @italy_roma62 At Amalfi. New blog in English is started.please visit. https://discoveryitalybyjapanesegirl.blogspot.com/ #ローマ #rome #タビジョ #旅行好きと繋がりたい #italy #旅スタグラム #イタリア好きと繋がりたい #travelphotography #海外に住みたい #イタリア #世界の絶景 #travel #trip #地球の歩き方 #イタリア生活 #イタリア大好き  #旅 #写真好きと繋がりたい #海外旅行好きと繋がりたい #旅行好きと繋がり #amalfi #アマルフィ #フォローワー増やしたい #アマルフィ海岸 #観光スポット #mytrip #travel #旅したくなる #tabijyo #traveling

イタリアローマ生活日記さん(@italy_roma62)がシェアした投稿 -


関連記事

コメント

非公開コメント

ERICA

Ericaです。
2019年3月末からイタリア人男性と結婚のため、イタリアはローマ郊外へ移住。
最近、夫婦水入らずの生活を開始!(2019年11月中旬)
イタリアでの生活の様子や、いろんな発見、気持ちの赴くままに色々と書いてます!

✴️現在:トラベルライターとして活動中。
(ほぼ無職 笑)

もう一つのブログも是非。
(イタリア移住の手続き関係に重点を置いてます)
http://italiajintokekkon.blog.fc2.com

(執筆中)おすすめ旅行情報サイト

Instagram

インスタグラム日々更新中です。
Click Here!
よれしければフォローお願いします!

◆カテゴリー◆

Visiter

ブログランキング♪