FC2ブログ

オルヴィエートの「天空の街」を探検 ⑥オルヴィエート大聖堂

オルヴィエートの旅で、必ず観ておきたかったのが、この
オルヴィエート大聖堂(Duomo di Orvieto)

orvieto



縞模様になっているのが特徴で、この柄の大聖堂はあまりないとか。
外見からして豪華で、華やかな感じがします。

イタリアないし、世界中の大聖堂の中の一番綺麗だと言われている大聖堂の一つらしいです。
(綺麗なものが多くて、1番の基準がもはやわからなさそう。。。w)

またまた調べた歴史をご報告します!

この教会は1290年より建築が開始されました。

建設の目的としては、「ボルセーナの奇跡」という聖遺物を祀るためです。

もともとあった2つの教会を統合し、街のシンボルとなる美しい教会をつくるため、たくさんの芸術家を集結しました。
その中でも重要なデザインを施したのはローレンツォ・マエターニ(Lorenzo Maetani)です。
また彫刻家イッポリト・スカルツァ( Ippolito Scalza)というオルヴィーエートでのすでに功績のある人物の力も総動員した作品です。
完成したのは1591年と言われ、約300年もの時間をかけて、完成しました。

この教会はゴシックとロマネスコの2つの建築様式が融合しています。



こんな素敵な教会、そりゃーこんな時間かかりますよね!
いつも本当に歴史に関しては、奥の深さを感じます。
深すぎて、いつか、「あーこれね」って説明がなくてもなんとなく時系列がわかる日がくるのかわかりません。
こない確率のほうが高いです。

でも、調べるのをやめてはいけないと思い、意味もよくわからずとりあえずつらつら書いてます。

では、中のご紹介!

聖人が並んでいます。

orvieto

正面のステンドグラスがより教会を華やかにします。

orvieto

またフレスコ画もすごい迫力です。

orvieto

またここがサン・ブリツィオ礼拝堂内です。
入場制限がかかることもあるようでしたが、オフシーズンで特に警備の人の姿も見えず、スムーズに閲覧できました。

圧倒されるほどの装飾で一面がフレスコ画で覆われています。

ルカ・シニョレッリの作品でいっぱいです。
「最後の審判」というテーマに色々な話が描かれています。
なかなか凄まじい絵でした。

また、絵の中に、彼の「愛人」も描かれていることの話もあります。
同じ顔の女性が複数いるらしいので、探してみるものいいですね!

orvieto

orvieto

20200208_155220.jpg

orvieto

続いて、外装です。

モザイクをはじめものすごい装飾です。
もく繊細にあしらわれたこの壮大な建物。
ずっと観ていても飽きません。

orvieto

orvieto

ここはオルヴィエートに来たら絶対来るべき場所です!!
オルヴィエートの旅、まだつづきます!!・・・・


入場料:4ユーロ
    横に隣接されている美術館と込みで5ユーロになります。





ランキングに参加中。
ぜひ、クリックにて応援おねがします!( ノД`)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ローマ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



関連記事

コメント

非公開コメント

ERICA

Ericaです。
2019年3月末からイタリア人男性と結婚のため、イタリアはローマ郊外へ移住。
最近、夫婦水入らずの生活を開始!(2019年11月中旬)
イタリアでの生活の様子や、いろんな発見、気持ちの赴くままに色々と書いてます!

✴️現在:トラベルライターとして活動中。
(ほぼ無職 笑)

もう一つのブログも是非。
(イタリア移住の手続き関係に重点を置いてます)
http://italiajintokekkon.blog.fc2.com

(執筆中)おすすめ旅行情報サイト

Instagram

インスタグラム日々更新中です。
Click Here!
よれしければフォローお願いします!

◆カテゴリー◆

Visiter

ブログランキング♪