FC2ブログ

南アフリカ旅行🇿🇦 喜望峰 Cape of Good Hope

大西洋とインド洋の2つの大海が出会うポイント、喜望峰

教書で習ったこの場所に行けるなんて、感激でした。
名前から入るタイプなんで。。

先日記載したケープポイント から車で10分ほどの場所にあります。

岩と草と、海と空、強い風。
そして、動物。

そんな場所。。。



っと思いきや、意外と観光客がお多かったのに驚きました。
こんな果てに来て、日本人と韓国人、そしてインド人のツアーに遭遇してしまい、
同様。
よりによってまさかのアジア所帯。

初めて「はい、チーズ」って聞こえた時一瞬「え?!」ってなりました。


そしてこの看板、順番待ち。
順番を待たない人も多いので、ここは日本人らしくいてはいけないと、負けじと瞬間を抑えました。

それがこのショット。

capeofgoodhope1.jpg



結構、風もあり、写真では穏やかに見えますが、波もまあまああったと思います。


capeofgoodhope4.jpg


capeofgoodhope2.jpg

大航海時代、ここを船で航海するのってすごいな、と感じました。

◆簡単な歴史ストーリー

1488年ポルトガルのバルトロメウ=ディアスがヨーロッパ人として初めて到達、発見されたアフリカ大陸南端の岬。ディアスはこの岬を発見したけど、嵐に悩まされていたため、「嵐の岬」と名付けたらしい。
その後、ポルトガルのジョアン2世はここから北東に向かえばインドに到達できると考え、希望を持った。
そこで「希望の岬」(Cabo da Boa Esperansca)と改められたとのこと。
英語名が、Cape of Good Hope で、”良い希望の岬”の意味なので日本では「喜望峰」という。
かの有名なヴァスコ=ダ=ガマは、1489年にインド洋への航路を開拓した人です。



昔の人の苦労の先に、現在の私たちの生活がある。

そんなことを感じれる様な場所でした。


ちなみにこの地域に多く生息していると言われるダチョウにも会えました。
ありがとう、来てくれて。


違う季節に行った友人は、ダチョウだらけだだったらしいけど、私たちの時はめっちゃ少なかったです。
季節的な問題かな・・

私たちが行った時期は、2019年5月。

capeofgoodhope3.jpg


もう一つのブログもご確認ください!
移住に至るまでの経緯など詳しく書いてます。
ぜひ、こちらも応援お願いします!

http://italiajintokekkon.blog.fc2.com


ランキングに参加中。
ぜひ、クリックにて応援おねがします!( ノД`)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ローマ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

この投稿をInstagramで見る

【南アフリカ】シグナルヒルからの夕日。 ’無’ イタリア生活、海外旅行の詳細のブログは ℹ️プロフィールのリンクから見れます! @italy_roma62 The Sunset from signal hill in South africa. I miss seeing ' NOTHING'. #南アフリカ #southafrica #旅ブロガー #旅行好きと繋がりたい #Capetown #旅スタグラム #イタリア好きと繋がりたい #travelphotography #絶景 #sky #世界の絶景 #travel #trip #地球の歩き方 #sunset #夕日 #旅 #海外旅行好きと繋がりたい #旅行好きと繋がりたい #tripadvisor #skylovers #旅インスタグラマー #きれい #beautifulviews #travelbloggers #mytrip #travelover #africanprintlovers #tabijyo #旅人

イタリアローマ生活日記さん(@italy_roma62)がシェアした投稿 -





関連記事

コメント

非公開コメント

ERICA

Ericaです。
2019年3月末からイタリア人男性と結婚のため、イタリアはローマ郊外へ移住。
最近、夫婦水入らずの生活を開始!(2019年11月中旬)
イタリアでの生活の様子や、いろんな発見、気持ちの赴くままに色々と書いてます!

✴️現在:トラベルライターとして活動中。
(ほぼ無職 笑)

もう一つのブログも是非。
(イタリア移住の手続き関係に重点を置いてます)
http://italiajintokekkon.blog.fc2.com

(執筆中)おすすめ旅行情報サイト

Instagram

インスタグラム日々更新中です。
Click Here!
よれしければフォローお願いします!

◆カテゴリー◆

Visiter

ブログランキング♪